THE★映画日記

映画(たまに漫画や文学)の感想と批評、映画を取り巻く風潮についての雑感など。

スパイもの

『TENET テネット』:設定や構成が難しいのは置いておいて、人間ドラマやテーマが描けていない

コロナ禍による大作映画の公開延期と『TENET テネット』公開前の盛り上げということが重なって、2020年は7月からノーランの過去作品のIMAX上映が続いた。 もともと自分のなかの生涯ベスト級作品であった『ダークナイト』はIMAXで観てみるとこれまでとは…

ひとこと感想:『殺人狂時代』、『マーウェン』

●『殺人狂時代』 殺人狂時代 発売日: 2015/07/01 メディア: Prime Video おなじ岡本喜八監督作の『日本のいちばん長い日』はシリアスな題材を描き切った名作であったが、ブラックでスラップスティックなコメディ作品であるこちらは「賞味期限切れ」という感…

ひとこと感想:『マイル22』、『プロジェクト・パワー』、『バットマン』、『デス・ウィッシュ』

さいきん観たなかで面白かった作品については個別に感想を書いてしまったので、つまらなかったものの感想をこちらにまとめる。 ●『マイル22』 マイル22(字幕版) 発売日: 2019/07/12 メディア: Prime Video CIA分析官ジェームズ・ビショップ(ジョン・マル…

『オペレーション・フィナーレ』

www.netflix.com 先日の『紅海リゾート』に続き、こちらもモサドの活躍を描いた映画。1960年、モサドの隊員たちがアルゼンチンに潜伏していたアドルフ・アイヒマン(ベン・キングズレー)を捕まえて裁判のためにイスラエルに移送するまでを描いた話であり、…

『紅海リゾート -奇跡の救出計画-』

www.netflix.com 1980年代、内戦状態にあるエチオピアでは多くの国民が苦しんでいたが、そのなかでも特に危険にさらされていたのがユダヤ系エチオピア人たちである。現地のユダヤコミュニティの有力者であるカベデ・ビムロ(マイケル・ケネス・ウィリアムズ…

『ザ・コールデスト・ゲーム』

www.netflix.com キューバ危機の1962年、むかしは天才数学者であったがトラブルで大学をクビになって落ちぶれて飲んだくれている主人公(ビル・プルマン)のもとにアメリカ政府のエージェントが拉致されてしまう。実は主人公は国内チャンピオンにも勝ったこ…