THE★映画日記

映画(たまに漫画や文学)の感想と批評、映画を取り巻く風潮についての雑感など。

コメディ

『ブラック・ウィドウ』

theeigadiary.hatenablog.com ・わたしはアベンジャーズの面々のなかではブラック・ウィドウがいちばん好きだし、トップクラスに重要なキャラだと思っているので、彼女の単独映画が公開されたのは喜ばしい限り。 ・女性ヒーローが主人公ということで否応なく…

『ゴジラvsコング』

ゴジラvsコング [Blu-ray ※日本語無し](輸入版) -Godzilla vs Kong Blu-ray- Amazon ・ハリウッド版(レジェンダリー版)の『ゴジラ』シリーズは、一作目のギャレス・エドワーズ監督による『GODZILLA ゴジラ』をわたしはもっとも高く評価している。・たしか…

『クレヨンしんちゃん 激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』

クレヨンしんちゃんの映画を劇場で見るのは2016年の『クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』に続いて2回目。他には、『オトナ帝国の野望』や『戦国大合戦』はもちろんのこと、『夕陽のカスカベボーイズ』や『栄光のヤキニクロード』や『逆襲の…

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video スピルバーグは一部の例外はあれど好きであるし、トム・ハンクスもレオナルド・ディカプリオも好きであるのだが、この作品はどうにも好きになれない。 好きになれな…

ひとこと感想:『メアリーの総て』&『ケーブル・ガイ』

●『メアリーの総て』 メアリーの総て(字幕版) 発売日: 2019/05/21 メディア: Prime Video わたしが学部生時代には英米文学を専攻していたことは『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語』の感想で書いたが、アメリカ文学のゼミに入っていたとは…

『七つの会議』

●『七つの会議』 七つの会議 発売日: 2019/09/11 メディア: Prime Video わたしは、たまにテレビ番組を見てみたときに、それがワイドショーやバラエティ番組であってもドラマ番組であっても、映像や演出や音楽や効果音などのケバケバしさやダサさや出演者の…

ひとこと感想:『リング』&『男はつらいよ:口笛を吹く寅次郎』&『アンセイン:狂気の真実』

●『リング』 リング 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video わたしが小学生の頃に大流行りしたホラー映画で、貞子のあの格好もテレビ画面から出てくる例のシーンのパロディをテレビから漫画までいろんなメディアで見かけたものだ。 大人になるまで怖いも…

『ラスト・クリスマス』

ラスト・クリスマス (字幕版) 発売日: 2020/02/20 メディア: Prime Video 2016年版の『ゴーストバスターズ』や『シンプル・フェイバー』のポール・フェイグ監督。丸っこい顔に弾けんばかりの笑顔にすぐに八の字になる眉が特徴なヒロインのケイトはエミリア・…

『イエスタデイ』

イエスタデイ (字幕版) 発売日: 2020/04/08 メディア: Prime Video 音楽教師の職を辞めてイギリスの小さな町のディスカウントストアで働きながら冴えないミュージシャンをやっているジャック(ヒメーシュ・パテル)は、ある奇妙な停電が起こった夜にバスに轢…

『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』

『スイス・アーミー・マン』のダニエル・シャイナート監督の作品。『スイス・アーミー・マン』とはまた違ったかたちで、人の"死"を扱ったブラックユーモアが展開される。 冒頭に主人公のジーク(マイケル・アボット・Jr)とアール(アンドレ・ハイランド)と…

『ブックスマート:卒業前夜のパーティーデビュー』:「誰も傷つけない笑い」が排除するもの

カリフォルニアのハイスクールに通うモリー(ビーニー・フェルドスタイン)とエイミー(ケイトリン・ディーヴァー)は、良い大学に進学するために遊びには目もくれずに勉強に明け暮れていた。その甲斐もあってモリーはイェール大学への進学が決定していたし…

ひとこと感想:『殺人狂時代』、『マーウェン』

●『殺人狂時代』 殺人狂時代 発売日: 2015/07/01 メディア: Prime Video おなじ岡本喜八監督作の『日本のいちばん長い日』はシリアスな題材を描き切った名作であったが、ブラックでスラップスティックなコメディ作品であるこちらは「賞味期限切れ」という感…

『シンプル・フェイバー』&『マイレージ、マイライフ』

●『シンプル・フェイバー』 シンプル・フェイバー(字幕版) 発売日: 2019/07/10 メディア: Prime Video お節介焼きでお人好しで気が弱いシングルマザーでありステファニー(アナ・ケンドリック)は、おしゃれで酒好きでアパレル会社のPRディレクターをしてい…

「普通の人でいいのに!」:"繊細さ"と被害者意識と文学性

comic-days.com 数週間前に、話題になった作品だ。批判意見や拒否反応も多い一方で、「共感できた」とか「実際に東京にいそうな人物をリアルに描けている」という肯定意見もちらほらと見かける。 わたしが最初に流し読みしたときには、あまりに赤裸々な内容…

『胎界主』

www.taikaisyu.com 2005年よりインターネットで連載されている、完全フルカラーの、非商業の無料公開マンガ。2017年に「第二部」が完結してからもサイト上では短編作品の連載は行われていたが、 『胎界主』本編の更新はしばらく中止されていた。しかし、数ヶ…

『バートン・フィンク』

バートン・フィンク (字幕版) 発売日: 2015/08/25 メディア: Prime Video コーエン兄弟の監督作品はあらかた見ているが、この作品を見るのは初めて。1991年と、コーエン兄弟の監督作品のなかでもかなり初期の方だ。そして、『ファーゴ』や『ノーカントリー』…

ひとこと感想:『オーシャンズ12』&『キューポラのある街』&『カリフォルニア・ドールズ』

●『オーシャンズ12』 オーシャンズ12 (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video タイトルから予想される通り、『オーシャンズ11』の続編。豪華キャストが揃い踏みしているところがウリの作品だ。主人公であるジョージ・クルーニーのイケメンっ…

ひとこと感想:『29歳からの恋とセックス』&『五瓣の椿』&『チェイシング・エイミー』

●『29歳からの恋とセックス』 29歳からの恋とセックス (吹替版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video グレタ・ガーウィグが主演ということで観たが、タイトル通り、29歳になっても人生の方向性が決まらず、高校の頃から付き合っていて婚約までいった唯…

『サンダーロード』

ジム・カミングスが監督・主演(そして脚本・音楽・編集もひとりでこなしているらしい)。母親を失った警官が葬儀で悲しみを表現するためにカセットテープで音楽を流して踊ろうとするが、音楽も流れずBGMなしで踊り続けることになる。その奇行が町中で噂にな…

ひとこと感想:『風の谷のナウシカ』、『若おかみは小学生!』、『さびしんぼう』

●『風の谷のナウシカ』 風の谷のナウシカ [Blu-ray] 発売日: 2010/07/14 メディア: エレクトロニクス リバイバル上映で安いので、新宿ピカデリーで鑑賞。高校生くらいの頃にテレビで放送したのを観て以来だから、まあだいたい10年以上ぶりの鑑賞だ。 友人と…

『イングリッド:ネットストーカーの女』

イングリッド ─ネットストーカーの女─(字幕版) 発売日: 2018/05/09 メディア: Prime Video 友人が結婚式の写真をInstagramに挙げているのを見て自分が呼ばれていないことへの嫉妬に狂って結婚式に乗り込んで友人の顔面に催涙スプレーを吹き付けるようなイカ…

ひとこと感想:『アス』、『犬神家の一族』、『ベイビー・ドライバー』、『モンスター上司』

●『アス』 アス (字幕版) 発売日: 2020/02/07 メディア: Prime Video 『ゲット・アウト』がつまらなかったのでこちらは劇場公開時はスルーして、思ったよりも早くprime videoで配信されたからそれで見てみたが、案の定つまらない。本国でも多数の人が思って…

ひとこと感想:『アリー/スター誕生』『シントイア・ブラウン: 裁きと赦し』『成果』

●『アリー/スター誕生』 アリー/ スター誕生(字幕版) 発売日: 2019/04/03 メディア: Prime Video なんかやたらと古臭いストーリー展開だなと思ったら大昔の映画のリメイク作品であると知って、さもありなんと思った。 アリー(レディー・ガガ)の歌を聞いた…

『抱きたいカンケイ』

抱きたいカンケイ (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』と同じくナタリー・ポートマンが主演していてグレタ・ガーウィグも脇役で出演している作品として見始めたが、まあ邦題から想像される通りの…

『キャットファイト』

キャットファイト [DVD] 発売日: 2018/02/21 メディア: DVD 戦争関係の会社を経営する金持ちの夫と結婚して悠々自適と暮らすヴェロニカ・ソルト(サンドラ・オー)と、画家を志しているが芽が出ずに貧乏生活をしている同性愛者のアシュリー(アン・ヘッシュ…

ひとこと感想:『はじめてのおもてなし』

はじめてのおもてなし(字幕版) 発売日: 2018/07/20 メディア: Prime Video Wikipediaによるとドイツ国内で興行収入が2016年第一位らしいが、たしかに悪い意味で「万人受け」する映画というか、日本の邦画でもありそうな「映画先進国以外で国内興行収入が第一…

『グッド・ライ 〜いちばん優しい嘘〜』

グッド▶ライ~いちばん優しい嘘~(字幕版) 発売日: 2019/11/27 メディア: Prime Video 第二次スーダン内戦で難民となり、アメリカの各地に移住したスーダンのロストボーイズのエピソードに基づいた映画。 主要人物であるマメール、ジェレマイア、ポール、ア…

ひとこと感想:『キングコング対ゴジラ』

キングコング対ゴジラ 発売日: 2014/04/23 メディア: Prime Video 『ゴジラ』の方は古臭く知っているシーンばっかりであったが真面目に作られた作品だったので最後まで見ることができたし、まあ名作なんだなと言うこともなんとなくわかった(役者の志村喬に…

『500ページの夢の束』

500ページの夢の束(字幕版) 発売日: 2019/03/01 メディア: Prime Video グループホームで暮らす自閉症の成人女性であるウェンディ(ダコタ・ファニング)は、大好きな『スタートレック』の脚本コンテンストに応募するための500ページの脚本を書き上げるが、…

『サン・ドッグス -生きる意味を探して-』

www.netflix.com 映画の舞台は2004年。主人公のネッド・チプリー(マイケル・アンガラノ)は知的障害を抱えた青年であり(詳細は作中では明かされていないが自閉症かな?)、そのためにメモを見ながらでないと人とまともに会話することができなかったり、い…